今野陽悦(こんのようえつ) プロフィール

 

株式会社FreedomHeartJapan 代表取締役
心理カウンセラー マーケティングコンサルタント 

 

不登校・引きこもりの問題を専門としたカウンセリングをさせて頂いている今野陽悦(こんのようえつ)です^^

私は14歳ころから20歳くらいまで、不登校・ひきこもりの状態に陥っていました。

現在はそような状態から多く方々愛と助けよって解決される経験を通して、カウンセラーとして活動もさせて頂いています。

今でこそカウンセラーとしてこうしてネット上や日本中で活動をさせて頂くようにまでなりましたが、ここまで回復できた事も当時の私から見てみると、まるで奇跡ようなお話なんです。

不登校・ひきこもりの過去

不登校・引きこもりだった当時は、学校へも行けず、家から出る事すらもままならず、昼夜逆転した生活を送り、どうしようもない苦しさ中から、毎日

「自分は何生まれて来たんだろう?こんな自分なんて生きいても仕方がない・・・」

そう考えては自分自身存在を拒み続けていました・・・。

生きていく事とても大きな不安を抱き、まるで地獄ようしか感じずはいられない日々を送っていたんです。

 

生きる事があまりにも苦しすぎて、

「もういっその事、死んでしまいたい・・・」

そんな風にしか思えない毎日の繰り返しでした。

 

そう思うだけではなく、実際に、自らの手で消えてしまおうと車の中に煉炭を持ち込んでみたり、手首を斬りつけてみたり・・・。
そう行動にうつした事も多々ありました。

 

時には親に食ってかかり、時には暴れて家中の壁を穴だらけにし、時には、声を荒げ叫びました・・・。

実家の私の部屋は、今でこのような穴が空いています。

o0480064311067397210

 

私自身も私の家族も、

「どうしようもない」「地獄としか感じられない」「絶望的」

としか思えないような状況だったのです。

そんな、

“学校へ全く行けない”
“引きこもる以外にできない”

といったような私の状態は、多くの方々の愛と助けと両親が心の学びを始めた事によって、少しづつ、そして確実その状態は改善されていきました。

解決がされていくまでは多く苦悩や葛藤がありましたし、そ段階というはいつもいつもが優しいもでは決してありませんでしたが、私の不登校・ひきこもりの状態は解決される事ができたのです^^

不登校・ひきこもりからの解決されたのちに、カウンセラーへ

そのような経験を通して不登校や引きこもりの状態でいらっしゃる方々の解決のお手伝いをさせて頂く「カウンセラー」としての活動をするようになりました。

(現在はその他に、マーケッター、投資、ビジネスコンサルタントやプロデュースなど興味のある事好きな事を自由にしています。)

私は不登校・ひきこもりの実体験やカウンセラーとしての経験を通して、

「例え今は、お子さんの状態が不登校や引きこもりであったとしても、親御さんがきちんと学ばれて、適切な関わりを実践されていくならばをその状態は解決していく」

と、確信しています。

なぜならこれまでの間に、実際にこの目で、数多くの不登校や引きこもりの状態の方々が、実際に解決されていったという事例を沢山見てきているからです。

私は不登校や引きこもりの状態というのは、「風邪をひいているような状態」と考えています。

誰でも風邪をひいて体調を崩してしまう時があるかと思います。

よく人生は80年だと言われますが、その人の一生分の人生を一年間だと仮定して考えるのなら、「不登校やひきこもりの状態」の期間というのは、1年の中で“風邪をひいてしまった期間”だと捉えて頂くと、とても理解しやすいかと思います。

風邪というのは、ほとんどが一過性のものであり、いつまでも続くものではありません。
そしてそれは、実は、お子さんの不登校やひきこもりの状態も一緒です。

しかし風邪をひいてしまったら、適切な対処をしたりしっかり体を休めたりしなければ、治る風邪も治らなくなるばかりか、拗らせてひどくなってしまったり、ほかの病気を併発させてしまったり状況はどんどん深刻になってしまいます。

たとえ風邪であっても、適切な対応をしなければ、時として死んでしまう事すらもあり得ます。
しかし、早い段階でしっかり体を休めて適切な対処をすれば、体は徐々に癒されていき風邪は治ります。

この事と同じように、自身の不登校や引きこもりの実体験やカウンセラーとして多くの方々と事例を拝見してきた経験から、不登校や引きこもりの状態であるお子さんが癒されていくプロセスというのは「風邪が癒されていく事」と同じ事のように感じています。

風邪を引いた時に早い段階でこじらせる事無く治す為には、ちゃんと薬を飲み、きちんと体を休めて、消化の良い物を口にするようにする。

不登校・ひきこもりからを解決するには適切な関わりが必要

風邪をひいてしまった時にはそう対処をするのと同じように、不登校やひきこもりの状態から心が癒されて改善されていく為には“適切”な対処が必要だという事なんです。

特に早い段階で、きちんと対処をすれば解決されるものなのだという事を私はこれまでのカウンセラーとしての経験から確信しています。

しかし風邪も、適切な対応をしていかなけれが、こじらせて苦しくなり、そればかりかほかの病気も併発させてしまい治るまでにも長期化してしまうの同じように、不登校引きこもりの状態も適切な対応をしないと心の状態もこじれていってしまって、解決は難しくなってしまうんです。

ですからもし、あなた自身やお子さんが、現在不登校や引きこもりの状態でいらっしゃるのだとしたら、まずはご自分の独自の関わり方で、無理はなさらないで下さい。

ここは大切なことですので、もう一度お伝えします。

不登校やひきこもりの状態を解決する方向へ向かう為に、ご自分の独自の関わり方で、無理はなさらないで下さい。

なぜなら、不登校や引きこもりの状態というのも、“適切な対処と関わり”をされる事によって解決されるものだからです。

そしてカウンセラーとしての経験上思う事は独自の関わり方では良くならないばかり拗らせてしまうケースの方がほとんどです。

ですので、あえてここだけは強調をさせて頂きました。

例えば、風邪を引いた時に、

「精神が弱いからだ!」

といって無理やり水風呂に入れたりしないですよね?

しかし、不登校やひきこもりの問題に関しては、知識がないがゆえに、そのような独自の考えで、まるで、風邪の人を水風呂に無理やろ入れてしまうような関わりをされているケースが大変多いというのが実状だったりします・・・。

だからこそもう一度言わせて頂きますが、ご自分の独自の関わり方で、無理はなさらないで下さいね。

では、具体的に解決される関わり方とはどういうものなのか?

それは、このサイトやメルマガでお伝えしていますので学ばれてみてください^^

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。