理想の自分は理想としてあって素晴らしいのですが、

まずは今を大切に幸せに生きるために

「自分は自分でいいんだよ」

と、毎日自身に言い続けてあげたいものです。

貴方の心が輝けば、世界は輝きはじめます。

3分間「真剣」に考えてみてください。

どうも、カウンセラーの今野陽悦です^^

私は、不登校・引きこもりの方々や心の悩みを抱えている方、お子さんに問題がある親御さんのお話を、良く聞かせて頂いています。

※問題と思うかどうかはご自身の考え方ですが、ここでは、わかりやすくこのように表現させて頂きます。

そして、

必ずと言っていいほど、その全ての方々に共通しているある一つの事があります。

勿論、不登校引きこもりの時の私もそうでしたし、今も、苦しくなってしまう時の自分を客観的にみて見ると、必ずといっていいほどその「ある状態」になってしまっています。

あなたは、その「ある状態」とは、何だと思いますか?

3分間、考えて見て下さい。


























チーン!三分間たちました(笑)

それではお聞きします。

どのようにお考えになりましたか?

いろんな考えが思い浮かんだ事と思います。

不登校引きこもりの人に共通するある状態とは?

それは

「自分と不健全な関係になっている」

のです。

 
「不健全」と言うとなんか難しい感じがしますが、簡単に言うと、自分自身とどのような関係をもっているか?

という事によって、苦しくなってしまったり問題だと思えてしまう事が起こったりするんです。

自分の内側にあるものが、外にも現れる。という事だと思います。

私が不登校引きこもりの時は、自分のことが大嫌いでした

 
私がひきこもっていた時は、とにかく、自分の事が嫌で嫌で溜まらず「大っ嫌い」でした。

そのように自分を思っていては「幸せ」になる事ができませんし、なかなか状態は解決されません。

このような事もカウンセラーとなった今なら解りますが、ひきこっていた当時はこの事が全く解りませんでした。

しかし、それでも私は「幸せになりたい」と、切に願っていたんです。

とても、苦しくて苦しくて、生きている事がまるで拷問のように感じられる日々でした。

そして、私は自分と関係は最悪でした・・・。

自分の事を、いつも常に否定し

「いっその事、消し去りたい・・・」

「死んでしまいたい」

と、まで思っていたんです。

そのような状態からどのようにして、不登校引きこもりの状態から解決されていったのだと思いますか?

あなたの内面が輝き始めると・・・

 

理想の自分は理想としてあって素晴らしいのですが、

まずは今を大切に幸せに生きるために

「自分は自分でいいんだよ」

と、毎日自身に言い続けてあげたいものです。

貴方の心が輝けば、世界は輝きはじめます。

 

それでは、この話は次回に続きます^^

不登校や引きこもりの家庭が幸せになる方法。後編

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。