人は誰もが、自分の気持ちを解って欲しいと望んでいる。

どうもカウンセラーの今野です^^

今回のテーマは、

人は誰もが、自分の気持ちを解って欲しいと望んでいる。

という事でお話させていただきます。

私が不登校引きこもりの状態になった初期の頃、まさか自分でも自分自身が引きこもりになるだなんて
思ってもなかった事なので、その現実が信じられませんでした。

自分の現実を認める事が受けいれる事ができなかったのです・・・。

それは、私自身だけではなく私の家族も同じだったようです。

特に私の場合は、回りから見ると天真爛漫な子供で友達がいないとかいじめられているとか、そういう事もなく学校を楽しんでいるように見えていただけに

「うちの子がまさか・・・」

と初めは信じられなかったそうです。

(※ちなみに親や同級生からは学校を楽しんでいるように見えたらしいですが、私自身は束縛される事が嫌で学校なんて行きたくねぇーといつも思っていました)

 

中学二年の三学期、私が不登校になった時は家に来てくれた友達からも

「ほかの人なら解るけど、なんでよーえつが不登校になるの?」

と言われたほどです。

ほかの同級生もそのように言っていたそうで、回りから見るととても不登校や引きこもりになるようなタイプには見えなかったみたいです。

もう一度言いますが、自分自身でも学校はダルいとか行きたくないとは思いながらも、まさか自分が不登校や引きこもりになるだなんて思ってもいませんでした。

 

ですから不登校になる前は、クラスの不登校の同級生の事を「甘えてる」とすら思っていたのです。

しかし、私自身が学校へ通えないほど苦しくなった時に、学校へ来れない人の気持ちや引きこもりの人の気持ちが良くわかるようになりました。

甘えているから学校へ来ないのではなく苦しくて学校へ行けない事。

実は学校へ普通に通えている人よりもよっぽど苦しんでいる事。

そのような現実を家族同様自分自身でも受け入れられない事。

そして、その苦しい気持ちや悲しい気持ちを人に解って貰えない、理解されない苦しみや悲しみ・・・。

自分が不登校になった事で、気持ちをわかるようになりました

そして癒される為にカウンセリングを受講する事の他に心理学やカウンセリングなどの心の勉強を
するようにもなりました。

そして以前の私のような親子関係に悩む方や引きこもりの方、心病まれる方と関わらせて頂くようになっていき、それが後のカウンセラーの活動へと繋がっていくのです。

このように学びながら多くの方と関わらせていただく中で、不登校や引きこもりの方や心に悩みを抱えている方だけではなく、人はみんな自分の気持ちを解って欲しいと望んでいる事がわかりました。

まるで当たり前のように思われるかもしれませんが、その事を言葉だけではなく実感として理解した時、自分と人(他者)との関係はあきらかにかわりました。


私が不登校引きこもりだった時の一番の
苦しみは、人から、特に家族からこの苦しさを解って貰えない事だったのですが、それは私の親も一緒だったのです。
 

私の親の一番の苦しみは、私が学校へ行かない事でもないし自分の言う事を聞いてくれない事でもない。

また世間体という訳でもなくて、私から、自分の子供から自分の気持ちを理解されない事が何よりも苦しかったんだと・・・。

親自身が当時、本当にそのように思っていたかは解りません。

ただ、私自身がそのように思った時に、「自分と一緒だったんだな~」と思ったら、みょうにおかしくなって笑ってしまいました。

不登校・引きこもりだった当時、私が学校へ行けない事で親を苦しめてしまっている事に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

それと同時に、わたしの苦しい気持ちを解ろうとせずに、学校へ行かせようとする事に対して、どうしようない怒りを感じていました。

現在でも、人の気持ちがわかるだなんて言えませんが、以前の私のような方々のお話を聞かせて頂く時は特に、できるだけその方の気持ちを理解できるように心掛けています。

私はカウンセラーとして活動をする中で確信した事があります。

それは、

人は、自分を理解してくれる人ではなく、自分を理解しようとがんばってくれる人の為だけに変わっていく

という事です。

人は、誰もが自分の気持ちを解って欲しい、理解して欲しいと望んでいます。

もしこのブログを読んで下さっている方の中に、お子さんが不登校や引きこもっている方がいらっしゃいましたら、お子さんの気持ちを理解しようとだけ心掛けてあげて下さい。


人の気持ちを理解できるように心掛けるという事こそが、
人間関係成功の秘訣であり、親子関係の成功の鍵のようです^^

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。