子供の不登校が解決する親御さん、家庭とは?

どうもカウンセラーの今野です^^

 

私はこれまで、お子さんの不登校や引きこもりなどでお悩みになる方々のお話を沢山沢山聞かせていただいてきました。

そしてその結果、あっという間にお子さんの状態が改善されていく場合や、時間がかかりながらお子さんの状況が改善されていくケース、そして全く改善されていかないケースとがありました。

状態が改善されていかないケースというのは、“改善されていっている途中”だというのが事実なのですが、親御さんは、そのような視点から見る事が出来なくなってしまっていて、半ばあきらめてしまわれるような場合も少なからずありました。

しかし、私が皆さんにお伝えさせて頂いている事は、一貫して本質的には全く同じ事です。

お伝えしている事の本質は全く同じなのにも関わらず、あっという間にお子さんの状態が改善されていく場合もあれば、時間がかかって改善される方、そして、良くならない場合があったのです。

お伝えさせて頂いている事の本質は、全く同じなのにも関わらずです。

 

「その違とはなんなのか?」という事をはっきり理解する事が、ここ3年間の私のテーマでもありました。

そして、今年になってからその決定的な違いが要約わかったのです。

勿論お子さんの状況も各々違うわけですからケースバイケースで、お伝えした事が通用する場合としない場合もあるのですが、お子さんの状況が良くなって行かれる親御さんと行かない親御さんには、“決定的なちがい”があるんです。

その決定的な“違い”とは、お子さんの問題に対して、

自分の望む姿に子供がなる事が治る事だと捉えているか、いないか

という、この違いです。

不登校ひきこもりが解決する為の心構えとは? 

不登校や引きこもりの状態のお子さんをお持ちになる親御さんのほとんどは、初めに、「学校へ行ってくれる事や引きこもりから出てくれる事、仕事をしてくれる事」などを、“治る事”だと定義しています。

つまり、自分の望んでいる姿に子供がなる事が、解決・治る事だと捉えている訳です。

 

そのように捉えてしまう事は仕方の無い事なのですが、お子さんの解決法の定義を親御さんが握っているうちは、お子さんが良くなっていく事はまずありません。

なぜならば、「お子さんのありのままの存在」を受け入れていない事になるからです。

そして、私が、本質的には同じお子さんの状態が良くなる方法を、お伝えしてお子さんの状態が良くなっていった方となっていかなかった親御さんの決定的な違いとは、正にここなんです。

 不登校ひきこもりを解決していく為に・・・

もしあなたが今もお子さんの問題の事でお悩みなら、この、 “お子さんの状態をご自分の力だけで何とかしようとされる事を手放して”精神的な自立をされていく事を私はお勧めいたします。

それこそがお子さんの不登校や引きこもりが改善される最も有効な方法であり、何より、あなたがあなたとして幸せになって行かれる一番有効かつ効果的な方法だと私は確信しています。

今回は“お子さんの不登校・引きこもりが改善されていくケースといかないケースとの「決定的な違い」”についてお伝えさせて頂きました。

 まとめ

上記はカウンセラーとして数年目の駆け出しの頃に書いた記事ですが、あなたはどのように感じられましたでしょうか??

ここで、追記したい事がございます。

それは、例え上記で書いてある事に当てはまっているとしても、決して自分を責められたり卑下されたりはしないで頂きたいという事です。

なぜならもうすでに十二分にこれまで頑張ってこられた事と思いますし、ご自身の出来る所で精一杯されてこられたからです。

ですからご自分を責められたり嘆いたりされる事はされない上で、上記でお話している事を受け止められて下さいね☆

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。