毎日、たくさんの質問・相談が届いています。

カウンセラーの今野です^^
 
こちらは、私のメルマガやブログ、教材である程度学んでいる方へ向けてのものとなります。
  
ですから初めて来た方がすぐにたどり着かないように、この記事は一番上に表示されないようにしました(笑)
  
さて本題ですが、毎日、何人もの方がメルマガに登録されるので、それと伴って自己受容へついてのメールが大変多く、「勘違いされてるかな?」と思う質問や相談も多くなってきたので、今回は、「子供の不登校引きこもりと親の自己受容の関係性」についてお話をしたいと思います。
 
 
まず音声を聞く前に勘違いをして頂きたくないので、はっきりと申しますが、
  
「親が自己受容出来ていないから子供が不登校引きこもりになった」と、そう考える必要は全くありません。
 
  
そう考えることで自己受容が進むならば良いのですが、考える事で自分を責めることになるならそれはマイナスでしか無いからです。
 
(自分を責める事なく、この事に納得できて受容できるならそう思われる事も良いかと思います。)

自己受容の本質から、ずれていますが・・・

自己受容の本質は「良いも悪いもなく受けいれる」という事ですから、本質的には、書いたように、

『〜ケースでは考えないほうがいい、〜のケースでは考えてもいい』

と乖離してることは本来は無いのですが、ここでは理解しやすいようにあえてこのように書かせて頂きました。
 
 
また、例え、親御さんが「自己受容が出来てない」としても、それで全ての子が不登校や引きこもりになる訳ではもちろんありません。

ですから、そのような意味でも、たとえ子育てにおいて自己受容をできていなかったとしても、自分を責める必要は全くありません^^

この「自分を責める必要はない」という前提がある上で言いますが、「子供の不登校引きこもりで悩んでいる、困っている」という事は、子育ての部分においては「自己受容ができていない」という事でもあります。

だからこそ、その為に自己受容が必要となるんですね。

具体的な事は音声でお話ししましたのでお聞きください。


 

究極の自己受容マスター講座に参加している方々とは?

また自己受容に悩まれる方はぜひ、究極の自己受容無料動画セミナーを受講し、その後案内される究極の自己受容マスター講座へ参加ください。

なぜこのように言っているのかといいますと、無料動画セミナーからの流れからマスター講座に参加されている方で「自己受容」の質問をする方は、誰一人いないからです。
  
 
そこまで深く論理的にお伝えしていますし、また、安くないお金を払って学ばれているので本気な気持ちが強く、その結果、理解の深さにつながったり身についていくのだと思います。

このような事を言うと・・・

 
「参加していない自分は本気度が弱いんだ」

とか

「参加しなかった事を責められている」

とか

「セールスする為に言ってるんでしょ?」

とか思われる方もいらっしゃかもしれませんが、その場合には、この部分においては自己受容をしていないとも言えますので、気がつかれると宜しいかもしれません。

(運営側的には、勿論参加してくれた方が嬉しいですが(笑)、その為にこう言っている訳ではありません) 
 
  
ここまでハッキリ書き、音声でも話しているので、嫌な気分になった方がいましたら申し訳ございません。

 
このような誰もが見れる場では、虚力、角の立つような事は言わないでいましたが、今回はみなさんのお気持ちに応えたいと思いましたし、ここまで書かないと伝わらない事もありますので、あえてハッキリと書かせていただきましたm(_ _)m

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。