ピンチだと思う時

人生には、いつも思いもよらない事が起きます。

それは、子供の不登校や、夫婦の問題だったり、自分のなって欲しくない事が起きてしまったりしますよねうちも子供達の問題以外にも水害にあったり、親の病気や様々な事が起きました。

ですが、私の場合でも、普通の見方をすれば最悪の様な出来事でも、実際には人生の転換点となっていたようです。

そのお陰で立ち止まり、カウンセリングを受けたり、考えたりしたお陰で、私は今の生き甲斐を持ったり、幸せを感じる事が出来るようになりました。ですから、災いと感じていた事も、結局は今の幸せな状態になるためのきっかけだったと思えます

災いと思える事が起きた時は、正直言って苦しいですし、落ち込んだりしますよね。ですが、そのままにしているのではなく、それをきっかけにして、今までとは違う生き方を選ぶ事も出来ると思います

人生のピンチは、そろそろ、今の人生を変えるときですよと、人生から教えてくれているのだと思います

それが災いと思える様な事も、結局はその人の幸せに繋がるために、起きていると思います

マイナスな事に目を向けて落ち込んでしまうよりも、そんな時こそ、力を抜いて流れに身を任せてみては如何でしょうか?

時には自分のために、美味しいものを食べたり、思いきり好きな事をしてみたり、自分をたくさん癒してあげて下さいね。

自分を愛するというう事

私にとって、自分を愛するということは、本当に永遠の課題でもあります特に最近は自分のする事が嫌になってしまったり、中々愛するというより、自分を裁いてしまう事が多々ありました

だけど、そんな時でも、そんな自分をも受け入れてあげる事です。

詳しく言いますと、自分の中には自分を見つめる自分と、見つめられる自分がいます。その距離が近ければ近いほど、愛せるのです。その距離が、離れていては嫌になってしまいます

色んな人間関係があります。親子、夫婦、兄弟、友人、恋人…。そんな中で、生まれた時から、それこそ死んでしまうまで、年がら年中一緒にいるのが、自分なんです。

人として生きていく上で、最も大切な人間関係が自分との関係であると思いますずっと一緒にいる自分をありのままに許し、受け入れて、まるで親友にしてあげるように話しを聞いて労ってあげてください。

例え、それでも自分を愛せなかったら、愛せない自分をも受け入れ、認めてあげてくださいそうやって自分を救い上げるとき、本当の意味での自己受容が出来ると思います。

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
松木りか

松木りか

カウンセラー
【不登校引きこもり専門心理カウンセラー】3人いる子供のうち長男・長女が不登校・引きこもりとなる。深い苦しみの中、今野のカウンセリングを受講し、二人の子供の不登校・引きこもりは解決する。 現在はその経験を生かし、自身も不登校ひきこもり専門したカウンセラーとして活動中。