不登校引きこもりと夫婦関係

お子さんの不登校ひきこもりの状態の時に、どうしても夫婦関係が大切なキーワードになります。

今までのわだかまりがあるにしても、こちらから歩みよる事が大切だと思います。

更に同じ目的に向かって、夫婦で手を取り合うと、自然とお子さんが変わってきます。

主人の気持ち

最近想像以上に、主人は私を許してくれている事が分かりました。

先日、夫婦と友人達で新年会に行きました。当初、行く気持ちが薄かったのですが、行って良かったです。

私はかねてから、友人にも、主人は中々外に出してくれないと言っていました。

それは本当に妄想だったと分かりました。

主人は友人の前で、自分も音楽関係の趣味をさせてもらっているから、ダンスでも飲み会でも、どんどん出かけて良いよ~と言ってくれました。

だったら、セミナーへの学びや、自分のやりたい諸々の事も、日程の許す限り、許してくれると確信しました。

もっと素直にその好意を受け取ろうと、又、新たに思いました。

つくづく、この件に関しては自分が自分で勝手に問題を作って、自分で苦しめて来たんだなぁと思いました。

そういえば、最近は夫婦共に手を取ってやらざるを得ない事が自然とたくさんありました。

今、私は主人をしっかりと受容して、承認して、心から主人を支える事を努力しています。主人から見た視点、主人が今まで努力して来た事

を考え、主人の身になって考えています。

ポイントは、又、こうなってしまうのでは?という今までの経験を思い出すのではなく、諦めずにキチンと気持ちが通じ合うまで、話し合う

事がものすごく大切だと、今感じています。

友人夫婦に学ぶ

友人夫婦はそれまで、あまり仲が良くなく、お子さんの事で口論になってしまったりしていて、お子さんの笑顔が消えてしまい、悩んでいら

っしゃいました。

その後、このままではいけないと思われて、考え直し出来るだけ手料理を作り、実践していきました。

それは、友人のご主人に対する愛情ではないかな?と思います。心を込めて手作りにするだけではなく、食器や見た目も出来るだけ美しく飾

ったそうです。

その心がご主人に伝わり、ご主人は大変喜ばれたという事でした。そして、お二人は以前より外食したり、すごく関係が近くなり仲良くなら

れました。

友人も長年の夫婦関係の中で、ご主人の喜びそうな事を熟知していた上で、関わられたようでした。

そして、その愛情がしっかりと伝わったのだと思います。

その後は自然とお子さん達も笑顔が多くなったようでした。

このようにして、夫婦が仲良くなる事で、お子さんには多大な影響があるかと思います。

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
松木りか

松木りか

カウンセラー
【不登校引きこもり専門心理カウンセラー】3人いる子供のうち長男・長女が不登校・引きこもりとなる。深い苦しみの中、今野のカウンセリングを受講し、二人の子供の不登校・引きこもりは解決する。 現在はその経験を生かし、自身も不登校ひきこもり専門したカウンセラーとして活動中。