不登校引きこもりから脱出した息子の笑顔

息子が都内の通信高校に入学して、しばらく時が経ちました。

いつもながら、私が東京から地元に戻る時は、息子は一度も振り向かずスタスタと去って行きます。私はその後ろ姿を見送っています。

見送る時は、私が子離れしなければならないと強く感じます。少し切なくて何とも言えない寂しさが胸に迫ります。

先日、入学歓迎会の行事があったらしく、学生寮のホームページに写真がアップしてありました。

そこには満面の笑みでピースしている息子が写っていました。

何とも楽しそうです。

正直言って、親として心底嬉しかったです。

これで、ネトゲ廃人から復活したんだなとつくづく思いました。

色んな人との出会い、リアルな友達との付き合いなど本当にこれからだと思います。この年の寮の先輩たちには、本当に可愛がっていただい

たようで、二十代の方からはドライブに連れていって頂いたりしていました。

「バイトが決まったよ、定期券を買ったよ。」と主人に報告の電話が来る度、「本当に励まされるね~。」と夫婦で話しをしました。

娘の新学年、新学期

さて、娘の方は二年生になってクラス替えがあり、新しい友達と担任の先生とで新学期を過ごしています。

一年生の担任の先生にも、廊下でバッタリお会いしまして、最近は友達とも楽しそうに歓談しているそうです。

娘は新学期の自己紹介には、人見知りですが、努力して会話するようにしたいと、書いていました。

又、授業参観では、『生きるとは、頑張ろうとすること』などと発表していました。

前向きで、進んでるなと感じました。すごく素敵だと思います。

又、日常でも一緒にお料理したり買い物したり、バラエティー番組を観たりして一緒に楽しみたいと思います。

その為には、先ずは私がもっと楽しいことして、ワクワクする事だと思いました。

自分の中の弱い気持ちだったり、人に話したら恥ずかしくなるような突飛な事も、

気付いたら優しく優しく受け入れてあげようと、ミスチルの『彩り』という曲を聴きながら思った次第でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕のした単純作業が この世界を回り回って

まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく

そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑

ミスチル『彩り』より~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

きっと何故か苦しい事も、意味があって与えられたことで、その後、とっても幸せを感じる為の出来事だと思うんですね。

今の自分が恥ずかしくても、それはそれで良いって思えたら、また自分が好きになりました。それはとても幸せな感覚でした。

何だか一気にモノクロの世界に、ドラマチックに様々な色が彩られて行くような感覚でした。

こうして、ますます自分を好きでたまらなくなった瞬間、まるでダムの入り口が開いたように、周りの方からの愛情が怒涛のように注がれ

ていることを感じました。これまで気が付かなかっただけだったのです。

受けとれずに、頑張って拒否していたのは、紛れもない自分でした、、、。

もう、何を言われてもどんな気持ちの自分でも、有り難く受け入れていこうという気持ちになったのです。

そして、決めました。このままの状態でありのままに進もう!と

今日、このように強く決心しました。

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
松木りか

松木りか

カウンセラー
【不登校引きこもり専門心理カウンセラー】3人いる子供のうち長男・長女が不登校・引きこもりとなる。深い苦しみの中、今野のカウンセリングを受講し、二人の子供の不登校・引きこもりは解決する。 現在はその経験を生かし、自身も不登校ひきこもり専門したカウンセラーとして活動中。