どーも(^^♪

子供の問題専門カウンセラーの三井です♪

 

前回に続きまして二十歳の休職中の青年のお話になります。

「うつ状態」で休職し、半年ほど家に引きこもっていました。。

 

彼とのカウンセリングのやり取りの場面です。

 

「ぼく、職場で皆から嫌われてるんですよ・・・・。。」

 

彼の話によりますと、

職場方々は彼に声をほとんどかけず、

また、彼を避けてるとのことでした。

 

前回は、「認知の歪み」について、

ご説明させて頂きましたね。

 

ここでもう一度、簡単に復習させて頂きますと、

「認知の歪み」とは、

「思い込み」

になります~☆

 

自己否定感の強い人、

自分にダメだしばかりする人、

“ うつ ” 状態になられている人

の共通していることとは、

認知が歪んでいらっしゃいます・・・・∑(゚Д゚)

 

そうなんです!

「思い込み」が強いと言えるんですよね~(;^_^

それでは、どのようにその

「思い込み」

を外していくかと言いますと、

いたって簡単でシンプルです!

自分へのダメだし、自己否定的な考えを、

できるだけ客観的に、より現実的に、

見て行くことです~(o^-‘)b

 

ただ、これだけなのです!!

本当ですー!!

驚くほどの効果があります~(^_^)v

私もその体験をした一人ですので、

 

確信を持って言えます!!

話を戻してして続けますね~(^^♪

では、どのように具体的に進めるかと言いますと、

「ぼく、職場で嫌われているんです・・・」

と彼は確信をもって言っておりましたが、

もっと、詳しく話の内容を聞かせて頂きます。

 

そうすることにより、いろいろな背景が見えてきます。

彼の場合は、職場で嫌われていると思われている背景に、

次のような、いくつかのポイントを見つけることができました。

 

1、休憩時間にはみんなの輪に入らない

職場のたいがいの方々は、ダバコを吸われていて、

しかし彼は吸わないようです。

また、会話の内容が下品な話ばかりで、

話がつまらないとのことでした。

 

2、飲み会や、遊びに誘われても断っている

飲み会や遊びに誘われても、

毎回断っているそうです。

 

3、出勤時間もぎりぎり出勤

“うつ”状態になり、出勤時間が

ぎりぎりになっているとのこと。

その他にもいくつかありましたが、

ポイントとなるところは、

この3つだと思いました。

 

皆さんは、どう思われますでしょうか?

 

本当に彼は職場で嫌われているでしょうか・・・・?

 

また、明日もこの二十歳の青年とのカウンセリングのやり取りを

お伝えさせて頂きますね~(o^-‘)b

 

今日もお読みいただき有難うございました~(^^♪

 

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
三井文明

三井文明

【不登校・引きこもりをはじめとした、子供の問題を専門としている心理カウンセラー】カウンセリング歴 13 年。これまで 1,000 名以上のカウンセリングをして回復へと導く。 高校2年から21歳の4年間、不登校、引き込もり、うつ病を経験。あるカウンセラーとの劇的な出会いを通して、うつ病を完治させて、山形県にあるプロテスタント教会で 12 年カウンセラーとしての働きをする。 この間に不登校、引きこもり、うつ病、統合失調症、出所者と一緒に寝食を共にしながら、自分の経験を生かした当事者の気持ちに沿ったカウンセリングが好評になる。 ベースとなる心理療法は、うつ病などの改善が立証されている「認知療法」でカウンセリングを行っている。現在、(株)Freedom Heart Japan の心理カウンセラーとしての働きもしながら、セミナー講師としての活動も行っている。