どうも今野です。
私は五日前より幸福度世界一のフィジーへ来ています。

そして今、デンジャラスシティでもある首都のスバという街に向かうバスの中でこのメッセージを書いてます^ ^

さて今回も相談が届いているので、お答えしますね。

ヘリコプターペアレントの状態から卒業するには?

ご相談内容はこちらです。

貴重なお話ありがとうございます。
やはり今も私は、ヘリコプター(ペアレント)・・・でした。

※ヘリコプターペアレントとは子供の頭上を旋回するヘリコプターのように子供に付きまとう、過干渉・過保護な親という意味です。

息子が予備校に行かなくなりずっと暗い部屋で親に顔を見られるのを異常に嫌がり寝ている状態になっている息子を黙って見守っているつもりでいながらも全然、変わってない私だと思いました。

今日は、風呂に入っていたか?ちゃんと食べていたかばかりを気にしているのです。何を思って過ごしているのか等、心には、寄り添ったつもりだけでした。

そして、表向きだけで、ご飯を呼ぶ時にだけ声掛けして信じてるつもりだけです。

本当は、心配で心配で気がおかしくなりそうです。
きっと、変わらない母を息子には、全て分かっているのでしょう。

私は、本当の意味での精神的自立は、全然していなかった。

息子の苦しみに足を引っ張っていました。
泣いている場合じゃない。

 本気で受け止めないとダメですね。

母が本気で変われば顔さえ隠す息子と会話も無くても心は、伝わるでしょうか?

単刀直入にお答えすると・・・

ご相談ありがとうございます。
文字が限られておりますので、単刀直入に答えると、

先回りをして、心配で仕方がない、
子供の現状が自分の規範の枠内にいなければ良しと出来ない、受け入れられない、

という典型的な、子供が不登校や引きこもりになる親御さんのタイプかと思います。

そして、そのことに気がつかれた訳ですから、精神的な自立をまずきっちりを意識していくこと、その為に自己受容も意識されること、が大切になります。

そして、まずご自身に優しくされてくださいね😊


母が本気で変われば顔さえ隠す息子と会話も無くても心は、伝わるでしょうか?

お気持ちはわかりますが、こうおっしゃってる事も操作主義であり依存ともなり自立も全然してないことになります。

心が伝わるとか伝わらないとか、そういう事すら気にならないくらいまで自立された時に、現状も変わるかと思います^ ^

母親がヘリコプターペアレントのようです。

こちらはYahoo知恵袋に投稿されていた相談と回答です。

参考になりますので、ご紹介します。

相談:母親がヘリコプターペアレントのようです。


母親がヘリコプターペアレントのようです。

むかしから過干渉でしたが、最近ひどいです。大学で独り暮らしをしていた間も、毎日のように電話をかけなければ「なにかあったのかも」と捜索願を出す勢いでした。

母の大病を患い、闘病生活を支えるため大学を中退し、実家近くの看護学校に通っているのですが、「就職先は○○病院がいいnだって。」「誰かを助けたいとか、そんなきれいごとじゃつとまらないから、私が支えてあげれるように市内に就職してね。」と言われます。

「もう20こえたんだからね!」と言いつつ「なんで私の言う方がいいのに従わないの!?」と言われます。

中でも一番ストレスに感じるのは「この子にはたくさん手間をかけたから、返してもらわないとね」と、親子で共通してお世話になっている方に話すことです。

私は、結婚を前提にお付き合いをしている方がいます。

卒業後は彼の地元に就職するつもりで頑張って勉強しています。その彼と、自分が一番大切にしている大学時代の友達を悪くいわれ、「逢いに行くな」と言われることもしょっちゅうです。

おかげで地元に戻ってから、胃炎から逆流性食道炎をおこし、不眠と胃痛、また食事は以前の半分以下しか食べられません。(しかしたべないと母が必要以上に詮索をしてくるので、無理して食べる→隠れて嘔吐を繰り返しています。)

自分の中には、実際には具体的な将来設計があり、それに向けて動いているのに、親の干渉がひどい場合、子供は自分の本当の意思を隠して従うしかないのでしょうか?「触らぬ神にたたりなし」の精神でよいのでしょうか。

大切な人と将来をともにするために今が必要な時間だから…と頑張っていますが、もう明るい将来も見えません。

結婚してからも干渉が激しいのではと思うと、未来がいらなくなります。

彼を悲しませたくはありませんが、ここまで”軌道修正”を求められてはもう自分の人生の価値が見出せません。子供の人生は親の幸福と満足のためにあるのでしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

これは、あくまで持論ですが、こんな考えかたもあるんだ、という参考にして下さい。人間は動物です。犬や猫と同じ仲間です。違うのは理性があるか、と知能指数だと思います(それ以外もあるでしょうが、ま、おいといて)。

まず、この事を基本として…例えばライオンは生きるために狩をして、食べ物を確保します。そして子孫を残すという本能に従って子供を作り育てます。ここまでは手段は違えど人間と同じです。ただ、ライオンは老いたらどうなるでしょう?

当然狩は上手く行きません。エサが獲れません。衰弱します。そこで子供ライオンが登場!!エサを与えて親ライオンを養い続けましたとさ。なんて話、聞いたことあります?基本的に老いたライオンは死ぬだけです。きっと老いたライオンは子供ライオンを恨んだりはしないはずです。それが自然のながれです。

今の日本がおかしくなっているのは少なからずそういう部分があると思います。親が子供にいつまでもアドバイスや命令をして、自分の価値観を押し付け続ける、自分の満足感を満たす。結果子供は路頭に迷う。私は本当にいつもそう思います。なぜ、人間だけおかしな事をしているのだろうと。
 
年金だって死ぬべき時期に死ぬべき人が死なないからドンドン若い人達が犠牲になって行く。これから自分のあとを継いで時代を生きていくべき人を犠牲にして自分が生き残る。やや、誇張して言うとそんな状態だと思います。

何が言いたいのか、と言うと、あなたはもう、自分の足で生きるべき時期にある人ではないでしょうか?経済的なこと、しがらみ的なこと、色々あるでしょうが、大切なのは自分が自分に希望を持って先へ進めるかどうか?ではありませんか?

親への感情は本当に一言では言い尽くせないくらいあるでしょう。それを取って親に気を使いながら機嫌を取って行くのも一つの生き方。ただ、私は、親というものは子供に期待なんかしちゃいけない、と思っています。

こんな風に言うと聞こえが悪いですが、要するに子供が自分で立とうとしている時に、手を貸しちゃあいけない、という事です。必要な時に自分で立てない人間は、一生面倒を見てもらわなければならなくなります。

私にも子供が二人います。二人ともスポーツをやって欲しかった・・・私がやっていて、とても得るものがありましたから。でも、二人はやらなかった。私の希望通りには全然行きません。でも、今現在、二人共自分の信じた道を進んでいると思います。それでいいです。これからも世話になる気は毛頭ありません。自分の人生なんだから。その代わり責任は自分で取ってもらいます。それが当たり前だから。

今まで大学に行った金を回収するとか、そんな気持ちもありません。そんなギブアンドテイク的なもんじゃないでしょう。あなたのお母様は、やはり自分の事重視の今時の年配の方、としか見受けられません。

私があなたに言いたいのは、親は本当に有難いもので、大事にして欲しいのですが、親も人間、間違った考え方をする事もあるのです。恩を感じる部分もあるでしょうし、簡単に割り切れない事もあるでしょう。ただ、親が子供の人生を食いつぶす、なんて世の中いくらでもあります。

どうか、食いつぶされる前に考えて頂きたい。そうまでして親に報いるために貴方は生まれて来たのか?例えば今の現状を打破するために、連絡先も告げずに親元を去ったとしても、何年か経てば、また、違った形で親孝行は出来ると思いますよ。長くなりましたが、私の基本は、人間は特別じゃない、他の動物と同じなんだ、迷ったら動物を見習おう。シンプルに考えてみよう。です。長文失礼しました。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1391858053

度合いはあれど、まさに相談者さんの親御さんのような傾向性持っていて、心配性で、子供の存在がある事によって自分の存在価値も測ってしまうのがヘリコプターペアレントです。

逆転した母子一体感を持ち、精神的に子供に依存してしまっているのです。

そして、この回答者さんの答えはとても理に叶っているものとなります。

つまり、自立出来てない親から、精神的な自立をしていきましょう、と言っているのです。

具体的な解決策としてはこちらを参考にしてください

不登校ひきこもり改善・解決法。経験者が語る無料音声セミナー

それではいつもありがとうございます♪

フィジー人の幸せマインドを存分に吸収し、カウンセラーとしてもグレードアップして日本へ戻る気持ちでおりますので、引き続きよろしくお願いします😊

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。