どうもカウンセラーの今野です^^
 
私は一貫して「精神的に自立をする事」の意味をお伝えしていますが、皆さんからのご相談を読んでいると、とにかく子供が心配で「先回り」をしてしまう親御さんが大変多いようです。

ちょっと厳しい事をお伝えすると、だからこそ今の現実が起こっている訳なんです。
 
心の土台を育くみ、自我(自分)というものを確立していくには、子供自身が自分で考え、自分なりの答えを出すプロセスが必要となります。
  
そのプロセスの中には、時には悩み苦しみ、時には失敗したり落胆する事もある訳ですが、そういった事を通して、大人になっていく訳です。
   
「自分の人生の責任を、すべて自分で引き受ける」事で「自分の生き方を選択をする」という自由をつかんでいくんですね。
 

(余談ですが、ビジネスで成功するにもこのマインドセットは必須です。一番のビジネスや起業がうまくいかない理由は、その人のあり方に「依存心がある」という事です。

「自分の人生の責任を、すべて自分で引き受ける」
「自分の生き方を選択をする」
 
というマインドになれると、成功はグッと近づきます。

この件ついては、こちらをご覧ください。不登校引きこもりの解決でもビジネスの成功法でも本質は一緒だという事ですね。)

 
「先回りをする」という事は、この「自分で考える」「悩み苦しむ」「自分なりの答えを出す」というそんな「子供が大人になるプロセス」を奪う事になります。
  
 
子供が悩んでいる事を見守れず、苦しんでいる所を見ては心配してしまう気持ちはわかるのですが、心配してしまうのは親御さん自身の問題なのです。

そして、悩み苦しむのは子供自身の問題です。
    
 
それなのに、子供の問題と自分の問題の境界線を理解せず、先回りして奪ってしまっているケースが大変多いです。
  
ですから今回は、子供が悩む事を、苦しむ事を、失敗する事を奪わないように、先回りをせず暖かく見守れるようになる為のメッセージをお送りします。

子供が自我を確立するプロセス(過去のTwitterから)


こちらは数年前に、新宿のスターバックスにて、自分と向き合う中で出てきた言葉をツイートした内容です。 

子供が自我を確立させるプロセスをも見守れるようになるには?

では、親御さんがその「プロセス」をも見守れるようになるにはどうすればいいのか?
 
それは、
 
精 神 的 に 自 立 を す る 事 

です。
 
 
これに尽きます。
 
それだけで、自然と悩んだり苦しんだりするお子さんに先回りはしなくなりますので、ぜひ自立を心がけてくださいね♪
  
  
この自立についてはこれらの記事をご覧ください。
 

【相談に答えました】子供の規範、昼夜逆転にどう対応したらいいですか?

不登校・引きこもり解決ラジオ&インタービューに答えました

【回想記】不登校・ひきこもりだった当時の自分と親に、カウンセラーになった今なら何と言うかな?

音声で不登校の家庭環境に共通する傾向性を解説します

精神的な自立をすると人生が劇的に変わる!!不登校や引きこもり解決へ

過干渉をやめる方法。逆転した母子一体感を改善・解決する方法 前編

不登校ひきこもり改善・解決法。経験者が語る無料音声セミナー

引きこもりの息子ニートから脱出して高校進学へ

親子の共依存と不登校や引きこもりの関係。親離れ子離れする方法とは?

不登校やひきこもりが治る・解決するプロセスと事例〜音声セミナー〜

不登校ひきこもり解決法:子供に責任をとらせる関わり方とは?

【相談に答えました】なぜ子供から精神的な自立をして思いを手放す必要があるの?

【相談に答えました】高校に行ってない息子がやり直したいと言ってくれたのですが・・・

 

自立をしたい、という思いと、自立をしたくない、という矛盾を統合する。

 
こうしてみると、いかに精神的な自立について書いているか自分でもびっくりしました(笑)が、ここまで再三書いているほど、お子さんの不登校引きこもりの解決法には大切なポイントとなります。
 
しかし多くの親御さんの中には、この自立をお伝えしても、

(子供の為に)自立したいのに
(自分の依存心の為に)自立したくない
 
というアンビバレントが発動してしまう場合も多いようです。
 
※ アンビバレントとは同じ物事に対して、相反する感情を同時に抱くことです。
 
  
そんな気持ちの中には対極的な要素が、「自立したい」「自立したくない」というその間(はざま)をうみ、身動きが取れなくなったりしているケースが、私のカウンセラーとして多くの方を拝見してきた経験では大変多かったです。
 
人は誰もアンビバレントが発動する事があります。
 
 
例えば、
 
「変わりたい自分もいるけど、変わりたくない自分もいる」
  
とか、
  
「チャンス賭けたいけど、リスクを冒したくない」
  
といった事です。
  

こんな対極な感情を持った事は誰でもあるかと思います。

「夢」と「現実的な事」
「流れまかせる事」と「具体的なプランを立てる事」
「前向き肯定的に考える事」と「問題に焦点を当てる事」
「自己受容する事」と「自己否定する事」 
 
これらなんかも同じように対極と言えるかと思いますが、大切なポイントはそんな時でも白黒つけすぎない(片方の極偏ってしまいすぎない)という事なんです。
  
  
そして片方だけ偏っている事に気がついて、両極を自分の中で統合することが出来ると、その感情はケースバイケースに合わせてもっと融通の利くものとなります^^
 
  
たとえば、「夢」と「現実的な事」 ならば、
 
「大きすぎる理想を持つでもなく、 かといって現実的すぎる目標を持つのでもなく、適度大きく、適度現実的な目標も持つ」
 
とか、
 
「流れまかせる事」と「緻密なプランを立てる事」なら、

「完全流れまかせ切るわけでもなく、かといって細かな計画を立てるわけでもなく、適度大ざっぱな計画を立て、細部は流れまかせる」
    

「自己受容する事」と「自己否定する事」ならば、
初めはきちんと受容をして自分の心にエネルギーをチャージし、その後は、自己否定している点に向き合い改善していく、
 
といった具合です。
 

このように心の中の両極統合していくプロセスが成長なのだと私は感じています。
 
そして、このようにアンビバレントな感情を統合していく事を心理学者カール・ユスタス・ユングは、「全体性の実現」と呼びました。
   
 
私たち人間は、両極を統合していくことによって、全体性体現した人間に、器の大きな深みのあるに心に、豊かな多様性ある人格へと成長していくという事なのだと思います。
 
 
そして、
  
「心配で、立っても居られない」
「この子は私がいないと何もできない」
「あぁ、なんとかしてあげたい」
  
と思ってしまうような「子供に依存している状態」から、いきなり「精神的に自立をする事」へ移行する時には、いきなり移行しようとせずに、
 
(子供の為に)自立したいのに、
(自分の依存心の為に)自立したくない

と思ってるんだ。
 

そう認識し、
 
「そうなんだね」「そう思っちゃうよね」「これまで心配して頑張ってきたね」
 
と自分に優しい声をかけてあげてください^^
 
このようなアロワー(自分への優しい癒しの言葉)をかけ、自己受容をしていくと、徐々に自立は出来るようになっていきます。
 
 
またこちらは余談で合う合わないもありましたので皆に推奨できる事ではないのですが、基本的に不登校引きこもりの親御さんは、お話しした通り、子供に依存し先回りをしまくってしまう傾向にあります。

だからこそ、 
  
「精神的に自立する」
  
「子供の問題を自分の問題にしない!」
  
と覚悟をする事で、ちょうど中間の「全体性の実現」へ近ずくケースもたくさんありました。
 
ですからもし、アロワーと受容を実践してもなかなか自立できないと感じる時には、この「覚悟」をする事をお勧めします。

まとめ

 
という訳で、今回は

『子供の自我の確立(大人への階段)』
 

 
『精神的な自立をする事の重要性』
 

 
『自立する事の矛盾の解決法』

についてお話ししました。
  
  
お話しした事は、不登校引きこもり解決への最重要事項であり、理解できれば解決しない事はない、というほどのお話しとなりますので、この記事を何回も読み、理解し腑に落ちるまで実践なさってください。
 
今後とも宜しくお願いいたします。

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。