皆さんのテーマは、やはり「 自 己 受 容 」でした。

どうもカウンセラーの今野です^^
  

長らくお待たせしました!
  
今回は、
 
「母が語る、カウンセラー今野が不登校・引きこもりから解決された関わり方」

の第三弾・後編を公開します。
 
 
続きとなりますので、前編・中編を聞いてない人はまずそちらを聞いてから聞いてください。
 
前編  中編

そして前編、中編を公開して届いた沢山のコメントを一つづつ拝見して思ったことは、やはり多くの方にとってのテーマは、やはり、「自己受容」だという事です。
 
 
なぜなら1回目2回目通して「自己受容」というコメントワードが、なーんと108回も!あったからです。
(きちんと数えました笑)
 
 
やはり私の不登校ひきこもりが解決したプロセスは、「母が自己受容を実践し精神的な自立をした事」からなので1・2回目でも今回の対談でも沢山の「自己受容」というワードが出てくるのですが、
  
音声とは別にもプライベートのTwitterアカウントや不登校引きこもり専門アカウントでででも、自己受容についてをツイートしましたので紹介します。
 
 
アカウントを持ってる方はフォローしてくださいね^^

Twitterでツイートした「自己受容」について


プライベートアカウント

 
不登校・引きこもり解決法アカウント

 
短い文の中で「自己受容」の本質と実践法をお伝えしているので、これらを胸に止めながらお聞きください♪
  
 
するとさらに理解が深まるかと思います。

母が語る、カウンセラー今野が不登校・引きこもりから解決された関わり方の第三弾・後編

それでは、お聞きください。

 
 
 

これまで3回に渡りお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

これからも皆さんのリクエストや声を元に、コンテンツを作成していきますので、コメントをお待ちしています^^

これからも、カウンセラー今野×母 企画をしたいと考えています。

また実はこれらの音声を収録した後に、皆さんから届いた声を元にして、再度母を口説いて(笑)
 
 
「具体的な自己受容実践方法」

「自己受容が深まった時から現実が変わっていった」

「精神的な自立を出来るようになったプロセス」

「覚悟が足りないと解決はできない、具体的に覚悟をする方法」 

「勝手に息子(私)の不登校引きこもりが改善していった流れ」
 

などなども収録しました。

また、母自身に直接質問したい、話を聞いてほしい、母がカウンセラーに受容してもらったように同じく受容してほしい、といった声も多数届いています。
  

そこで、これからも「カウンセラー今野×母 企画」をしたいと思いました^^

ただ母は目立ったり表に出たりする事はあまりしたくないようで、頼んでも首を縦にふってくれませんでした・・・。
  
ですので今後も口説いて(笑)、やる気になってくれたら新しく企画を開催したいと思います。
  

こちらに登録された方には、優先的に企画の案内をしていきますので興味のあるからは登録ください♪
  
登録すると現在は非公開の音声セミナー「母の自己受容実践記」の一部(約12分)も送られます^^
 
カウンセラー今野×母 企画

よかったら、こちらの音声の感想や学びになったことがありましたらコメント欄に記載くださいね。
それではいつもありがとうございます😊
 
 
皆さんから頂くメッセージを読んでお力になれている事を実感するときに、いつも、

「不登校引きこもりの経験をして良かった」
「あの光が見えない地獄のような苦しみ全てが恵みだった」

っと、心から思います✨

追伸
母が心配していたところから、しなくなっていくプロセスが垣間見れたかと思います。
 
イメージは全て現実化します。

母の心配のイメージが、自立により大丈夫のイメージに書き換わったからこそ、私は解決したとも言えるかと思います。

このイメージに関しては、こちらを参考にしてみてください^^

音声セミナー 思考を現実化させて、理想の未来を実現する方法

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。