子供の不登校・引きこもりがある事の「恵み」や「メリット」に気が付けていますか?

 
どうもカウンセラーの今野です^^
   
タイトルでいきなり「不登校引きこもりがある事のメリット」だなんて言っているので、

「はぁ?何言ってるの?」
 
「そんな訳あるはず無い(><)」
 
「この苦しさに、デメリットはあれどメリットなんてあるはず無いでしょう!」

そんな風に思われた方もいるかと思います。
 

・・・それは当然です。

普通に生きていれば、そこにメリットなんてなかなか見えないのが普通だからです。
 
私自身は、不登校ひきこもりの経験もあの苦しさも良かったと思っています。
 
なぜなら、その経験したことが多くの人の希望の光となり、仕事にもなり今も生きているからです。
 
 
あの経験がなければカウンセラーになる事もこの記事を書く事も今読まれているあなたに出会う事もなかった訳なので、そういった事柄をみても本当に良かったとしみじみ思います😊

でも、苦しい中にいると、なかなかそう思えません・・・。

このように言うと、

「本当に良かったんですね。でも、それは今野さんだからですよね??」

とか、

「それは、今、解決しているから言えるんですよね?」
 
と言われる方も多いですし、私はそう思われる方も当然だと思います。
  
 
苦しさの只中にいる時に、そう言われてもなかなか救いにはならないですよね・・・。

私があの苦しさの中にいた十代の頃そう言われたとしたら、そして私の母がそう言われたとしたら、フラットに両方の側面を見る目を養っていないので、解らなかったことと思います。
 
 
そして真実は、今この瞬間にあなたがもしお子さんの不登校やひきこもりのことで悩まれていたとしても、そこに何の希望や恵が見えなかったとしても、そこにはその悩みの苦しさと同じだけの恵みやメリットがあるんです。

たとえ今は、デメリットしか見えず感じていなかったとしても・・・。
 
 
今回お話ししている内容は、前回の記事でお送りした内容と同じく「不登校ひきこもりの解決」だけの話ではなく、幸福感のある人生を実現するという意味においても、とても重要なお話しとなります。

その苦しさの中にも確実にある「プラス」「メリット」「恵み」に気がつくには?

これらに気が付ける為のお話をセラピストのひろあきさんと収録しましたので、お聞きください♪

いかがでしょうか?
 
今回のお話は前回の「幸せを選択しましょう♪」のお話と違い、難しく感じるかもしれません。
 
しかし本質は全く一緒なんです。
   
なかなか理解できない部分もあるかと思いますが、今は見えていないだけで、
 
「子供の不登校やひきこもりの状態には、今、デメリットだと感じている事と同じだけのメリットがある」

という真実だけは心に止めておいて頂ければ幸いです✨

子供の不登校・引きこもりがある事の「恵み」や「メリット」に気が付けていますか?

音声ではひろあきさんが、映画監督をされている方の事例からこの理論を説明くださいましたが、私も、不登校ひきこもりの苦しかった時代や、大人になってからPTSD(トラウマからくるストレス障害)がぶり返した時は、とてもここにデメリットはあれど、メリットがあるだなんて思えませんでした。
 

「普通に生活するだけでも、定期的にパニックが起こってしんどくなる」
 
「突発的に自●しそうになるので、駅のホームや道路脇には立てない」
 
「自分なんて生きてる価値が無い、と思えて自分責めが止まらない」

「仕事も全然進まない、手に付かない、メールを見ようとすると過呼吸になる」

といったデメリットばかりが感じられて、ここにメリットがあるなんて1mmも見えなかったんです・・・😵
 
 
しかし、学びを深め真実が見えるようになった時、PTSDで突発的に自●を繰り返してしまうような苦しさの中にいた時にさえも、この苦しみこそがもたらしているメリットや恵みに気が付けて、ホロリと感謝の涙が流れました。
  
 
私の中でエンライトメント(マイナスとプラスが統合されて、その事柄に感謝が溢れる状態)が起こったんです。
 
 
そして今はまだ、感謝を感じたりメリットを見る事は出来なかったとしても、

「この苦しみにも同じだけのメリットや恵みがある ら し い 」
 
と知っているだけでも、知らないのとでは全然違いますしこちらの方向に気が付けますので、ぜひ知識レベルでも良いので知っておいてくださいね♪

今野の不登校・引きこもりであった当時の「恵み」や「メリット」

不登校ひきこもりだった十代の頃を思い出すと、私のカウンセラーであった高木先生が

「ようえつ君が今している体験は、必ず多くの人の役に立てる日が来るよ!」
 
といつも言ってくださっていましたが、今、当時の苦しみの中のメリットを見てみると、パッと思いつくだけでも、
 

・苦しかったからこそ結果的に多くの人が助けてくれた、繋がる事ができた
  
・心病んでいたからこそ高木先生や米沢の先生をはじめとした「条件付きの愛」ではなく「存在だけで愛してくれる」方々に出会い、愛し受け容れてもらう経験ができた(普通にレールの上を歩けていたら決して体験できなかった)
  
・家を出たい、地元を離れたいと切に願っていたけど、苦しんでいたからこそ18歳になる前に親も許可をしてくれた。さらに経済的なサポートもしてくれたおかげで暮らす事が出来た。
  
・苦しかったからこそ心理学を必死に学び実践できた。苦しさから出たいが為にただの理論として心理学を学ぶのではなく、学びを必死に実践できた。(それが後のカウンセラーとしての仕事にも繋がる
  
などなどがあります。

(その後、カウンセラーとして活動し始めた人生のことも考えれば、まだまだまだまだまーだまだあります笑。)
 

つまり当時は、本当に苦しくてどうしようも無かったし、その苦しみばかりしか見てなくてしんどくなったけれど、真実は、その苦しみやデメリットと「同じだけ」のメリットもあった、という事です。
 
 
私は当時、自分のパラダイム(ものの見方)から片面だけを見て苦しんでいましたが、きちんと真実を見えて、そのデメリットと感じている事と全く同じだけメリットがある事も認識できたら、パラダイムシフトとブレイクスルーが起こり、パッとその苦しみから解放されていた事と思います^^ 
 
(でも、パッと解決していたらカウンセラーにはならなかったので、パッと解決しなかった事にもメリットがあるし良かったと思ってます♪)

「ら し い」「み た い」 の認識で今はオッケーです^^


今回のお話は、なかなか理解が出来ずらいものだったかとは思いますし、音声を聞き、この記事を読んだだけでなかなか納得できないかもしれませんが、

「今の苦しみにも同じだけのメリットや恵みがある ら し い 」
 
「本当は子供の不登校引きこもりの状態にもメリットや恵みがある み た い」 

ぐらいの認識でも結構ですので覚えておいてもらえれば幸いです。

 
苦しさの中にいた当時、高木先生から

「ようえつ君が今している体験は、必ず多くの人の役に立てる日が来るよ!」

と言って頂いても、なかなかすぐにはそう思えませんでした。
 
 
しかし結果的に本当にその通りになっていますし、これと同じように、今の苦しみやお子さんの不登校・引きこもりにもメリットや恵みがあるのかも?

くらいにでも思っていると、それは現実化していきます^^

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございます。
  
このお話がご覧いただいたあなたのお役に立てれば幸いです。

追伸 このパラダイムシフトを体感したい場合には

マイナスに感じている事と同じだけのプラスがある、という真実が見えるようになりパラダイムシフトを体感したい方は、大好評いただいているこちらのセッションを活用ください^^(あと数件お受けできるようです)

認識があなたの人生を創造している〜限定企画〜

受講するしないに関わらずこちらの音声でもこの事についてはかなりお話ししていますので、一度聞いた方もそうでない方も参考にしてみてください♪

追伸2 新学期が始まる際に書いた記事を紹介します。

今年(2020年)はコロナの影響で多くの学校は、新学期が始まるのが遅くなっていますが、この時期になると特にたくさんのご相談が寄せられますので、この時期に書いた記事を紹介します。
  
久々に読み返しましたが、このマイナスと同じだけプラスがある、という概念をもってない時なのに、どちらでも、「あの苦しみ(不登校引きこもり)を味って良かった」といったような事を書いていて、自分でも少しびっくりしました笑
  
今振り返ると、私はその概念をまだ知らなくても、体感的には理解をしていて、「良かった」と思えたからこそ心解放され解決したのだとわかりました😊
   
よく考えれば、これは私だけではなく、これまで拝見してきた解決された多くの方々にも共通する事でした^^

希望はいいものだ。そして希望は滅びない【ショーシャンクの空にから】

不登校時の新学期が今では最高の宝に。不安な親御さんへ…

 

追伸3 最後にですが・・・

 
あまり声を大にしては言えない事なので、最後に、私の本音を語りたいと思います。
 
 
今回の音声や記事でも話しているように、実は、このコロナ騒動にも、マイナスの側面と同じだけのプラスの側面があるんです。
 
例えば、ですが、中国では新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多くの工場で生産が停止しました。
   
現在中国本土では数万人が感染し2700人以上が亡くなっていると言われていますが、その反面、工場が止まったおかげで排気ガスが出なくで大気汚染が少なくなり、最大8万人もの命が救われた、というデータもあるようです。
 

数字だけを見て判断することはとてもドライな感じで、多くの人はなかなか受け容れられないものだとは思います。

そして私も、受け容れがたい気持ちはあるのですが、事実として中国では、コロナで数千人が亡くなり数万人の命が救われている、という側面もあるんです。
 

もしより多くの人々の命を救う事を是とするのならば、この件に関してもプラスの側面もある、というも事実なのだと私は思います。(もちろんだから正しい、といっている訳ではありません。)
  
 
これはあくまで一例ですが、
 
ネガティブな「部分」だけを見て、そのような側面だけにフォーカスを当ていると苦しい事にしか感じられないのですが、実は、今私たちが迎えているこの局面にも、マイナスに感じている事と同じだけのプラスの側面がある。

という事を知って頂ければ幸いです。
  
  
私自身も、この感染する恐怖の他に、所有している株の価格がうん百万円下がっていたりビジネスが低迷したりと結構な打撃もあるのですが😝、それでもこのマイナスの側面と同時に、プラスの側面を見えているので、備えつつも見えない恐れにやられる事なくとてもフラットな気持ちで過ごせています^^

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。