どうもカウンセラーの今野です😊

記事を更新するのも久しぶりとなりますが、いかがお過ごしでしょうか?
 
最近の私は精神的に苦しくなってしまうような激動の日々を過ごしておりますが😝、お子さんの不登校引きこもりの問題と同じように明けない夜はありませんし
  
このことを通して自分の進みたい方向へと成長し、より安定した人生の土台と心の器作りの機会なのだと捉え、前向きに向き合っている今日この頃です^^
 
 
それでは私の近況はここまでにして、、、、本題にはいります。
 
毎日、たくさんのご相談や質問が届きます。
 
私はそれらを元に皆様にお届けしているコンテンツを作成しているのですが、皆さんもご存知のように「心(考え方・捉え方)」というものにフォーカスを当てたものとなっています。
 

しかし、正直な私の本音では「心」という抽象度での解決法は50%で、残りの50%は「脳」にあると考えています。
 

例えば、悩みや葛藤を心理学者やカウンセラーは「心」という抽象度(見方)で捉えその問題を見ますし、脳科学者は「脳」という抽象度と角度で悩みや葛藤を捉え考えます。
 
でも、実際に扱っているものは、実は「同じ」なんです。
  
 
「心」なのか「脳」なのか?

それはその人の抽象度による見方・捉え方なだけで実は「同じもの」です。
    
    
そして私は、なぜそれを知っている上で「心」という角度から皆様へメッセージを発信しているのか?
 
それは、カウンセラーと名乗っている立場上からも、マジョリティの方々にとってもその方が伝わりやすいと思っているからです。
 
普通に生活していても「心の話」などは自然と耳にしますが、脳というのはそれを扱った本や番組などをみたりしなければ触れる機会もなかなか無いので、理解されにくいと感じているのです。
 

またこれまでの経験上、

 
・効果を感じたり現実を変えたり実践していくのも難しい
 
・とんでも医療のように伝わってしまうな場合がある 

 
・医学者では無い立場からは話しづらい(内容によっては法律的にも話せない)
 
という風にも思います。

さらに多数の臨床の現場に立ってきた体験から、一方的なネット上のコンテンツで脳のお話をしても伝わらない、勘違いをされしまうとそう感じています。

 
だからこそ、あえて話をしてはきませんでした。
  
(唯一クローズドな場である有料講座の究極の自己受容マスター講座では、自己受容と脳の関係性・仕組みについてお話ししています)
  
 
それでは、今になってなぜ、「脳」の話をしているのか?
    
私は心が50%、脳が50%だと思っているのか?
  
それはこのような事情があるからです。
 

脳という概念があると自己受容も容易く出来るようになる

   
例えば「自己受容」という概念を私のコンテンツで学び、実践している方がいるとします。
  
ところが実践していても、「頭ではわかるのになかなか出来ない」という事がよくおこります。

   

それは今までしてなかったり概念すら知らなかったのであれば、すぐに出来ないのは当然なんです。

  
ですから、できるようになるまで続けましょう、触れ続けましょう。
 
というのが、心の抽象度でのお話です。 
  
これはとても効果的な方法となるので決して間違っていません。
 
   
しかし、ここに「脳という概念」を織り込んで考えてみましょう。
 
すると、
 
感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つであるセロトニン(しあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモン)が分泌される為にアミノ酸トリプトファンを取れる食事やサプリメントを摂取していきましょう。すると、精神力(根性)で頑張ることなく自己受容がへ向かっていける可能性が大きいです。
 
「1/fゆらぎ」(規則的な中にも不規則が混在しているゆらぎ)が織り込まれたBGMを聴きながら実践しましょう。
すると、より実践する事が容易くなるかと思います(「1/f ゆらぎ」を感知すると、脳の自律神経を調整し、リラックスやストレス発散の効果が得られます)
  
といったさらに「心」という抽象度だけで無い所から、自己受容を実践するのに効果的な方法をお伝えできるようになります。
    
「頭ではわかるのになかなか自己受容が出来ない」
  
ということへの解決策を、心という抽象度以外からでも提示したり伝えたりする事ができるようになるんです♪
 
  
今は自己受容を例に挙げましたが、
  
 
お子さんが朝起きられない
 
ゲーム中毒になってしまっている
 
昼夜逆転そしている
 
人の目が気になって学校へ行けない
 
   
といった事にも、
 
  
規範が強く自分より人や世間の価値観を優先してしまう
 
子供が事で世間へ顔向けできない
 
子供の将来が心配で仕方がない
 
気分が落ち込んでしまい、どうしようもない
  
頭ではわかるけど、なかなか精神的な自立ができない
 
   
といったような事柄に対しても応用できるようになっていきます。
    
  
何よりお子さんに対してなどは、親子関係的に会話ができなかったり苦しかったりする関係にあっても、食事などを通してアプローチをする事も出来たりもします。
(操作主義的なマインドでは逆効果にもなりかねないので、親御さんのあり方も重要になりますが。)

そういった事もわかっているので、直接私が関わらせて頂いたりセッションをした方には、必要だと思った際には時としてこういったことも直接お伝えしていました。
 
 
しかしお話をしたように、これをコンテンツにしてしまうととんでも医療てきになってしまったり、法的にビフォーアフターを出せない、などの理由からこれまではお話をしてこなかった、という実情があります。
 
  
自分自身では、鬱っぽくならずより良い気分で日々を過ごすために、ドーパミンやセロトニン出る為のトリプトファンが入っているサプリメントを毎日飲んだり、集中したい時、リラックスしたい時などにもその用途に合わせて摂取しています。

   
また最近ではその道の専門家に依頼をし、効果のあった成分を指定して自分オリジナルのサプリメントを専門業者に作ってもらったりもしています。
    
(余談ですが、これらの効果を感じる今、不登校ひきこもりで鬱状態だった当時の自分に、もし今飲んでいるようなサプリメントなどを飲ませる事が出来たら、あそこまで苦しみ失望したりリスカしたり自殺●遂をするようなこともなかったのではないかな?なんて思ったりもします) 
 
 
そうする事で意思の力や根性論、また、心理学により理論だけでなく、自然と気持ちよく自分を動かしていく事もできるようになりました。

アンケートにご協力ください。(プレゼントを差し上げます)

  
こういった経緯から今後もし皆さんからのニーズがあるようであれば、
 
お話をしたように、「心」という角度からの他に「脳」といった角度からも解決策をお伝えしたり、食事や心(脳)の補助するもの(脳内物質とサプリメントの関係などついて)も発信していければと考えています。
   
  
まだどのような形でしていくかもはっきりしておりませんし何度も申すように一歩間違えると法に引っかかったりネットでの活動ができなくもなってしまうので慎重に進める必要はあるのですが、
 
何より皆さんのお力になれるという事には確信を持っているので、何かしらの形でお教えしたりお勧めしたりしていきたいと考えています^^
 
 
そこで、脳に対するアプローチをするようなコンテンツ配信等をしていくにあたって、これらに関するアンケートを作ったのでご協力ください✨
  
 
答えてくださった方には、初めて公開する内容となる「脳の角度」においての不登校引きこもり解決法についてのセミナーをプレゼント致します。(9月20日(月)に配信します。)
 
 
皆さんのプラスになれるよう最善を尽くしていきたいと思っておりますので、ぜひご協力のほど宜しくお願い致します😊
 
 

  
それでは今回も最後までご覧くださりありがとうございました。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

ーーーーーーーーー

お子さんの不登校や引きこもり解決へ向けての詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。
無料の動画講座ですので、↓の画像からぜひご登録ください

相談やカウンセリングをご希望の場合にはこちらをご覧ください。

 

The following two tabs change content below.
今野 陽悦

今野 陽悦

【不登校引きこもりを専門とした心理カウンセラー 】 経験者のカウンセラーとして、述べ3500件の不登校引きこもりの心理カウンセリングを行う。このページではその体験をもとに解決法を綴っている。現在はカウンセラーの他に、マーケティングコンサルタント、オンラインコミュニティの運営、モデル、プロダクション経営、投資家、など多方面で活動中。